不動産投資の知っておくべきリスク

不動産、株式、債権、通貨、商品先物など、投資にはさまざまな種類があります。
しかし、どの投資も価格変動のリスクというものが必ずあります。

京都マンション不動産投資の場合には、景気の動向や地価の変動によって、価格変動が起きることを把握しておかなければなりません。
日本を代表する観光名所、京都でも不動産投資が話題になっておりますが、知っておくべきリスクは同様です。

不動産投資の場合、キャピタルゲイン(価値の増加による利益)に加え、インカムゲイン(定期的な収入)が比較的多い特徴があります。

いわゆる賃料収入です。

仮に利回りが10%の物件を購入した場合、賃料収入を10年間スムーズに得ることができた場合、投資の初期費用を全て回収することができます。
このように、賃料収入は不動産投資の最大の魅力と言っても過言ではありません。

また、不動産投資は株式や通貨への投資とは異なり、土地や建物という現物を所有する投資です。
このような特徴により、以下のような不動産ならではのリスクがあります。

まずは、賃料収入が減ってしまう空室や滞納、家賃低下のリスクが考えられます。

最近では、日本でも空き家が増えているというニュースをよく耳にします。

特に、地方では深刻な状況となっています。
したがって、物件の立地、物件の内容(間取りや条件)はたいへん重要です。

人気の低い物件は空き家になりがちで、家賃を下げなければならない状況に追い込まれる可能性もあります。
また、支払い能力のない借り手を入居させてしまうと、滞納のリスクが生じてしまいます。

これらのリスクに備える方法としては、例えば、高い集客力と確実な家賃回収能力を兼ね備えた不動産管理会社を選ぶことが考えられます。

京都に特化した不動産投資会社の例)
京都で不動産投資・投資マンションなら日本ホールディングスへ

また、家賃保証会社を利用することも有効な手段となるでしょう。
続いて考えられるリスクとして、地震や火災が挙げられます。

さきほども述べたとおり、不動産投資は土地と建物の現物を所有する方法ですから、こうしたリスクが生じます。
近年では、日本列島の各地で比較的大きめの地震が頻発しています。

そして、「耐震」を重視する借り手が増加傾向にあります。
したがって、不動産投資を行うにはこの点に細心の注意を払う必要があります。

例えば、地震の起こりやすい活断層周辺の物件は避けること、耐震基準の優れた住宅を選ぶことによって、リスクはある程度回避することができます。

一方、火災のリスクへの備えとしては、木造住宅ではなく鉄筋コンクリートの物件を選ぶこと、コンロはIHにするといった工夫が考えられるでしょう。

コメントは受け付けていません。